hbanr000.gif

愛 自然に流れる心、日本森田療法教室

胃腸神経症で今苦しんでいる皆様に教室OBの方にお願いし、秘密厳守、無記名で協力して頂きました。なお、個人のプライバシー、会員の秘密を守るため、お見せできない所はカットします。胃腸神経症(Aさん上の手紙)、神経性胃炎、おなら恐怖症(ガス恐怖、社会不安障害)放屁恐怖症、便秘症など過敏性腸症候群=過敏性大腸炎=過敏性腸炎の克服 Bさん下の手紙の画像です

ityou.jpg

Aさん 心臓神経症、不安神経症(パニック障害)主婦 46歳、赤穂市 胃腸神経症の克服例:3月14日 十三日、岡山へ行っていましたので日記を書くのもさぼってしまいました。先生お許しください。今日は朝から雨が降っていましたが午後には晴れて冷たい風が悪戯っぽく 気の緩んだ人間たちに一斉に大きな袋の口を開け風をぶっ掛けて来ました。先生のご指導のお蔭で心臓も胃の具合も良くなり感謝致しております。これ迄色々なことを教えていただき自我を捨て素直にハイと云って実践することが大事だと思いました。小さな自分を忘れた時に本当の自分に出会えるのだと思います。

Bさん1〜3:便秘症や緊張するとおならが出る悩み、緊張による汗、多汗などのつらい心境と克服例 :最初のきっかけは高校1年の16歳の時でした。もと々私は便秘症でお通じが出ない時が1週間や10日というのは当たり前でした。だから、おならが出る回数が多かったと思います。いつものように席について授業をしていましたが、その時おならをしてしまい、後ろの席の人に臭いと言われたのがきっかけで、それ以来授業をしていると、おならが出てしまい我慢すればするほど出るようになりました。下剤を使ってもおならが出るし、そのことが原因で高校も中退しました。

受講後:B-2 このごろ おならが出るのが少なくなってきている。汗もその時々によって違うけど、緊張して汗が出る事が少なくなってきている。いろんな人といると、その人たちから教わることが多くて楽しい。病は気からじゃないけど本当に人は気持ち次第で別人のように変わってしまうことが良く分かった。

B-3学校に行くことでトリミングの勉強以外にも教わることがあって今は学校に行くことが怖くない。

↑上の方が証明してくださっています。胃腸神経症、ガス(おなら恐怖)便秘症、緊張による多汗の人も確実に良くなっています。ご安心ください。何度もトイレに行きたくなったりの過敏性腸症候群、過敏性大腸炎、過敏性腸炎も同じ意味で、治り方や説明も同じです。


広場恐怖症、パニック症、過敏性腸症候群、乗り物恐怖(受講前)▼

On 2017/01/27 2:51, ki●im●ri●30●@yahoo.co.jp wrote
初めまして、美と申します。
本日、初めて上砂先生のHPを拝見しました。

先日、心療内科にて「広場恐怖症」と診断され、
7種類の薬を処方されました。
半年程の投薬治療で治ると言われました。
しかし、やはり薬の量の多さに少し戸惑っています。

20年以上前から、過敏性腸症候群の症状の自覚が
あり、そのうち治るだろうと思って放置して長い年月
が過ぎてしまいました。

全く外出が出来ないという程ではありませんが、
飛行機やバス電車といった乗り物に乗る日は、朝から
お腹が痛くなり、腹痛がずっと続いてしまいます。

また、乗り物だけでなく歯医者・美容院・病院、誰かと会う
等といったあらゆる場面でもお腹が痛くなります。
仕事でも、客先に行かなくてはならない時は、同様の症状に
悩まされており、旅行にもここ数年は行っていません。

パニック症を伴うのが電車の中で、途中で緊急停車したりして
動かなくなってしまう時です。
そのため通勤も(パート勤務)、1駅で満員電車に遭遇しない
反対方向の空いている電車を利用する職場を選びました。

自分なりに何とかしようと、アロマを併用したりヒーリングを
学んだりしましたが、根本的な解決には至らず、ついに心療内科
を受診しました。

とにかく治したい!!外に出たい!!
という思いが今年に入ってから強くなっています。
自律神経に良いというCDも買って聴いたりし始めました。

HPにも色々な方の症例が紹介されていますが、
一つ質問があります。

母親への依存症・・・
こういったメンタル部分も克服したいと思っています。
しかしながら、何故自分が依存してしまうのか?
要因となってしまった事が何なのか?
解決の糸口が見つかっていません。

上記のような場合でも、改善出来ますか?
お忙しいところ恐縮ですが、お返事頂けると
幸いでございます 。
                    

受講後▼


On 2017/05/10 8:49, ki●im●ri●30●@yahoo.co.jp wrote
上砂先生、お久しぶりです。
随分長い間、メールご無沙汰しておりましたが、
近況をご報告致します。

以前と比較してどう変化したか、
まず、電車に対する恐怖心は大分薄れて来ました。
先日、電車が大幅に遅延し駅が大混雑で改札で
入場制限されていました。

きっと、以前の私ならその状況を見ただけで、
お腹が痛くなっていたでしょう。
おかげさまで、腹痛に襲われることなく電車に
乗る事が出来ました。

また、会社においても終業1時間前から腹痛が
続いていたのも、かなり改善されてほとんど腹痛
に悩まされる 事がなくなりました。

現時点で、まだ改善されていないのが病院です。
どうにも病院に行くときは、まだまだ「恐怖心」が
勝っているのか、悩みの種となっています。


他者への依存症についてですが、こちらも以前より
薄れて来ているようで、依存している自分を認めつつ、
日々自分自身に「自分は一人でも、ちゃんと立っているんだ!!」
「誰の支えも必要ないんだ!!」って
おまじないの言葉を言う事によって、少しずつでも
好転しつつあるな〜と感じております。

依存している「自分」を素直に認める事の難しさを乗り越えて、

やけにならずに自分の弱 さを認める事が出来るようになったかな?
と思います☆
緊張するとお腹が痛くなる事が少なくなると、自分の
意識が外側に自然と向いているような気がします。

また、ご報告致します。
                    井 
半年後▼
On 2017/07/30 11:33, ki●im●ri●30●@yahoo.co.jp wrote
ご無沙汰しております。
あっという間に半年間が過ぎていました。

最近は、更に以前よりも調子が良くなって、
お腹が痛くない=ストレスのない状態の楽ちんさって
やっぱりいいなーって思っています。

視点を変えてみることの大切さを痛感したのと同時に、
自分の弱さや、意識の向け方が間違っていた事が分かった
のは、大きな収穫だったと思います☆

せっかく、ご縁が合 って上砂先生とこうしてメールで
やりとりをさせて頂いたので、今後もたまにご報告
メールをさせてください。

今後も、1人でも多くの方を良い方向へ導いて行かれる
事と思いますが、ご活躍をお祈りしております。

私は私のやるべき事をしっかりとやりつつ、陰ながら
先生の事を応援しております。
本当に、ありがとうごさいました。
                     井 


おなら恐怖症(ガス恐怖)つづきはNext↓

home.gifnext.gif

Copyright (C) Nippon MoritaRyouhou kyoushitu All Rights Reserved