hbanr000.gif

愛 自然に流れる心、日本森田療法教室

いま苦しんでいる皆様に教室OBの方にお願いし、秘密厳守、無記名で協力して頂きました。  なお、個人のプライバシー会員の秘密を守るため、お見せできない所はカットします。

@歯科恐怖症(過呼吸、過呼吸症候群、過喚気症候群)=息苦しさ、息がつまる感じの克服  A飛行機で行けた!飛行機恐怖症克服例です。                             BC海外旅行も夢でない年賀。飛行機乗りました!←(飛行機恐怖、歯科恐怖症などの不安神経症も大丈夫!必ず良くなります)▼

@

shika.o.tuki.jpg

@歯医者が苦手(歯科恐怖、歯医者恐怖の例)↑

朝からしくしくお腹が痛み苦しい。何の痛みなのかわからない。薬は飲めないし、まあそのうち治るだろうと思うようにする。今日は子どもを歯科に連れて行ってフッ素を塗ってもらう日。約束の時間が近づくにつれ、ドキドキと息がつまるような感じ。手や足の力がうまくはいらないようになってしまって不安だったが、薬にはたよらず(  )と振り切る。先生がおっしゃったこれが『 』、実感だ。本当に検診がすむころには、すっかり不安感は消えていた。やった!!という感じ。

お腹の痛みは一日中続いたが、あの苦しさを乗り切ったことがうれしい。(  )そう、本当にそうしたことで成功したようだ。アドバイスしていただいたことが、一つでも出来たこと、本当に感謝です。これからも少しずつ全治をめざして努力します。先生のおかげです。ありがとうございました。←歯科恐怖の例です。ご自分の治療でなくても歯科の器械を見たり密室や閉所、逃げ場がない場所などで過呼吸に(息苦しく)なったり不安になる場合が多いです。(  )『  』の手法、極意は会員の方にお教えしています。このかたのように皆さんとの信頼関係で歯医者恐怖(歯科恐怖)、息がつまる感じの過呼吸(過喚起症候群とも言います)も乗り越えていきます。頑張りましょう!


  画像A飛行機恐怖克服▼

hikouki1.jpg

A不安神経症(パニック障害)における飛行機恐怖、電車恐怖などを乗り越えた例です。↑

6/21(火)本日会社へ行くと 7月5/〜7 九州へ出張と言われまして、不安でいっぱいです。前も気分が悪いときに九州へ出張に行きました。電車、飛行機 ずっと気分悪く、動悸(ドウキ)息切れ、頭がボーっとなってきて、早く帰りたい。早く飛行機 着陸しないかとばかり九州からずっと田辺(和歌山)まで気分が悪くなったことがあったからです。今は不安でいっぱいです。前のようにならないかとか、今から気をもんでいます。でもいかなくてはならないので、何とか気分が良くなるようにご指導ください。よろしくお願いします。

 hikouki2.jpg

7/7 今日は九州出張の日です。電車で田辺駅を出発しました。とりあえず車よいどめの薬を飲んで大阪へいきました。空港で先生にTelして頂いて、勇気が出た後に思いました。飛行機に乗ってすごくゆれましたが何とか九州へ行きました。福岡は暑くて暑くてたまりませんでした。本日は先生ありがとうございました。←このように皆さんを応援、持ち上げていきます。飛行機恐怖、電車恐怖怖もこうして確実に良くなっていきます。


パニック障害のかたも海外旅行は夢じゃない!旅行の楽しみほか、どんどん行動範囲を広げましょう!飛行機恐怖、パニック障害、外出恐怖、乗り物恐怖ほか近くの駅までも大変だったのです!

画像Bくすりをお守り代わりにアメリカ旅行!すごい!▼

amerika.jpg


C 飛行機乗りましたっ!パニック障害のかたです。飛行機恐怖症の克服 ▼

先生、こんにちは(^−^)
ついに、飛行機乗りましたっ!飛行機から、逃げ出してもう二度と乗れないかも?っと、思っていたのに・・・昨日、お昼の便で、東京までどうしても、行きたい事があったので、先生のメール、ピンチの時は見ようと思って、プリントアウトして もって、、、心臓バクバク、手は振るえ、呼吸はヒュウヒュウっいわせながら、足だけ 勝手に 動かしてみました、ホント、死にそうな気分だったけど、、、なんとか、サンドイッチとお菓子 そして、飲み物を買い込んで、この前は、空港のロビーで食べて帰った、あと、すごく 気になってて、もう 乗るしかとっ(^−^)かなり、恐々 震えながらでしたが、誰にも 知らせず 飛び乗って、東京に着いたときには 涙でました。うれしくて(^0^)うれしくて、こんなに、飛行機に乗れるのが 幸せだなんて。。。夜は なんだか あまり 眠れなかったけど、、、 今日は 友達と 上野の美術館に 行った後、鎌倉と 湘南に 行って 大仏などを見て、おいしい お蕎麦食べました(^0^)死ぬほど 歩いて、、、でも、ちょっと不安だけど、とっても楽しかったです、そのあと、夕方の 便で 帰ってきたのですが、また 乗れるかな?なんて 恐々(^−^;)、ソワシワしてましたけど・・・これも、きっと、気合と 慣れですね(^0^)色んなところに 行ってみたいです。
先生、ありがとうございました(^−^)
助言を守って下さった貴女の努力にホント感謝です。上砂


nenngapanikums.jpg


入会前の苦しい心境(パニック障害、不安障害、飛行機恐怖、卒倒恐怖など)▼

----- Original Message -----

From: hi★o★64★home@yahoo.co.jp
To: kamisuna@moritaryouhou.com
Sent: Sunday, June 07, 2009 10:02 PM
Subject: ★★ ★★と申します。

上砂先生

先日hi★o★ki_e0★2★@yahoo.co.jpからメールで質問させていただいた神奈川の★★ ★★と申します。

6月8日(日)本日、入会金の振り込みをしました。指導のほどよろしくお願いいたします。

 【既往歴】私は現在28歳ですが、21歳(2001年くらい)のときに初めて電車の中でパニック発作が起き、精神科でパニック障害と診断されました。しかし、そのときはメイラックス(だったと思います)を処方され、一ヶ月程度で気づいたら症状を忘れ薬を飲むこともやめました。私は中高大と柔道をやってきてその時も凄く激しい練習を自分自身に課して、自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎていたことに気づき、程々にしたのですぐ良くなったと考えれます。

 2回目にパニック障害と診断されたのが、26歳(2007年)のときで、大学院に通っていました(専攻は★★心理学)。大学院の授業で10人くらいのクラスでレポートの発表を行おうとしたときに凄く強いパニック発作が起こり、それから発表が怖くなりました。パニック発作が起きて、その後我慢していたのですが予期不安が強く症状が消えなかったため2ヶ月後くらいに精神科へ行き再度パニック障害と診断されました。不眠症にもなり、パキシルとデパスを処方され10ヶ月くらい飲み続け症状は消えたので薬もやめました。大学院では発表が多く、同時に教員免許取得のための授業を履修していたので人前で話すことが多く、森田療法でいうところの「恐怖突入」で少しずつ不安感は和らいでいきました。無事教育実習も終え教員免許も取得できました。修士号(★★心理学)も取得できました。
 
柔道を選手として25歳で辞めたこともあり、燃え尽き症候群というか充実感がない抜け殻のようになっていました。人生にかなり迷っていた時期でもあります。

 薬をやめ、2008年9月に大学院を無事修了しました。その翌月10月に父親が危篤状態となり、その日に実家のある熊本へ飛行機で帰りました。飛行機がとても揺れそこでパニック発作が起きました。しかし、10日間程度熊本にいて神奈川に帰ってきて、電車に乗ったときにまたパニック発作を起こし、それからまた不眠症、予期不安が強くなり、以前に行っていた病院へ行きまたパキシルをもらい12月から飲み始めましたが、薬に頼ることは本当に治るとは違うのではと感じて、森田療法を知り、森田療法を取り入れた横浜のクリニックへ通院することにしました。

現在もそのクリニックへ通っています。パキシルは2カ月くらい前にやめて、メイラックスを1日に1mg半錠を飲んでいます。現在の通院頻度は1ヵ月に1回くらいです。

【現在の症状】としてはたまにパニック発作が会議や打ち合わせ、何となく不安な感じ、息苦しさ、頭痛、不眠があります。

パニック発作は先週久しぶりに出ましたが、それまでは12月以来ほとんどなかったです。ただ息苦しさや不安感、頭痛、不眠はよくありますが毎日ではなく日によって波があります。「あるがまま」を自分に言い聞かしているのでだいぶ体験としてわかってきました。ただ諸症状が長引いていることに焦りを感じます。
 大学職員として2008年12月働いています。諸症状はあるもののどうにかなっています。症状が強いときは結構つらいですが・・・

【性格】としては、まじめ、欲が強い、向上心が強い、時間的切迫感が強い、傷つきやすい、感動しやすい、気分屋、徹底的、こだわりが強いです。
その反面いい加減なとこもあり、まわりからは適当な人間に思われます。恐らくそとづらはいいからだと思います。よく思われたい、認められたいという気持ちが強いんだと思います。第一印象は「良い」と言われます。
 ひょうきんもので目立ちたがり屋という部分もあって職場の人は、自分が神経症だとは思ってもいないと思います。

 父親は警察官で武道の教官をやっていたので、躾は相当厳しかったです。私の性格傾向にかなり影響したと考えられます。

ご指導のほどよろしくお願いいたします。

                                    ★★ ★★
受講後

----- Original Message -----
From: hi★o★64★home@yahoo.co.jp
To: Masahiko Kamisuna
Sent: Monday, June 22, 2009 10:55 PM
Subject: Re: 経過報告です。(の件、上砂)

上砂先生

こんばんは ★★ ★★です。

返信ありがとうございます。今週土曜日、飛行機乗るの怖いです。

今は飛行機怖いなんて思っている自分ですが、28年間生きてきて、熊本へ飛行機で20往復はしていて、海外にも一人で何度も行っています。特に海外へ行くのが大好きです。

飛行機への苦手意識は前からありましたが、この苦手意識、恐怖心を意識しだしてから今のような症状が形成されたと気づきました。

飛行機で何度も怖い思いしているけど、何度も何度も海外に行っているんですから。
(無理に言い聞かせてるのかもしれませんが・・・)

 話変わって、最近仕事が突然忙しくなり、朝8時から夜中の1時過ぎまで15、6時間 働く日々が続きました。今日からやっと落ち着きましたが。

 突然忙しくなってこれが続いたらヤバイ!!って思って、凄く不安な気持ちになってました。

 徐々にですが、先生の言っていることが体でわかってきた気がします。
 ありがとうございます。以下省略。。。
(↑このようにパニック障害=不安神経症、不安障害とも言います。飛行機恐怖、乗物恐怖、外出恐怖ほか、行く当日までが大変不安になります。)

飛行機恐怖克服!ヤッターですね。笑▼
----- Original Message -----
From: hi★o★64★home@yahoo.co.jp
To: Masahiko Kamisuna
Sent: Sunday, June 28, 2009 10:16 AM
Subject: Re: 経過報告です。(の件、上砂)

上砂先生

今熊本です^^ 羽田へ行く前の電車、飛行機が離陸するまでの飛行機の中、相当ビビっていたんですが、離陸したら前の旅行が大好きな感覚を思い出し、何ともなかったです^^

 先生の教えがなかったら多分ヤバかったと思いますが、どうにか行けて本当に感謝、感謝です!ありがとうございます☆

 また、怖い経験してビビることあるとは思いますが、この経験を思い出して前向きに挑戦していこうと思いました!!(無理しない程度に)

 また海外に行きたい気持ちが出てきました!

 やっぱり教えてくださったことの実行が重要だと改めて気づくことができました^^ 
手法はパニック障害、不安神経症=不安障害で苦しむ受講生、会員の方にお教えしています。このようにパニック障害(不安神経症、不安障害、飛行機恐怖ほかの恐怖症)は確実に良くなります。
 


すでにご覧下さったかたは Back to home でトップページへ。

日本森田療法教室のこのページから入られた方は魚の絵 Back に外出恐怖、不安神経症ほか同じような克服例があります。
  
back.gifhome.gif

Copyright (C) Nippon MoritaRyouhou kyoushitu All Rights Reserved.